"脱毛治療を行っている医療機関のWebサイトを見てみますと、エステで行われている医療行為のような脱毛は「医師法違反である」と指摘をしています。
医師の資格を所有していない者が脱毛施術をした場合には、法律が定める医師法違反に該当をすると見解をしています。全国に数多くの脱毛エステがありますが、その全てが優良脱毛エステとは決して限りません。
安心して脱毛をしたいのでしたら、まずは医療機関と提携をしている安心安全の脱毛エステを探してみましょう。

 

実際に医師法違反で逮捕されたエステ業者も存在しています。
脱毛エステの経営が厳しくなった今、脱毛の相談を受けたエステが、提携をしているクリニックへの利用を奨めることもあるようです。
医療機器ではない脱毛機でも医療資格を取得していない者が実施をするのと同じで、これは医師法違反にあたるとも見解しています。
利用者にとりましては、そこまで気にすることではありませんが、エステ選びなどで頭に入れておいた方が良いでしょう。"



正しくは医療行為となる脱毛ブログ:2019/3/19

ダイエットで失敗してしまう人には、一つのパターンがあります。
それは完璧に何でもこなそうとする傾向です。

「ダイエット中は連日運動する」とか
「ダイエットしている間はおやつを食べてはならない」と
あまりにも厳しく自分を律してしまうわけです。

一見、素晴らしい心構えだと思いますが
このようにあまりにも自分を追い込んでしまう人は、
あきらめも早いんですよね。

たった一度でも、自分が決めたダイエットのルールを破ってしまうと
「もうボクはダメだ」という風に思ってしまいがち…
せっかく今まで頑張ってきたダイエットも、
ちょっとしたミスによって、すべてが意味がないように錯覚してしまうんです。

連日、自分に課したルールを厳格に守るという発想は、
一日とか、ごくごく短期間で区切るからいけないのかもしれませんね?

ですから、ダイエットのやり方について、
一週間ぐらいの少し長めのスパンで区切って、
見つめなおしてみたらどうでしょうか?

一週間ぐらいでダイエットの反省をすれば、
ダイエットの成功失敗の見え方も変わってくるはずです。

一日単位でみると、
夕食を食べ過ぎただけで、失敗に見えてしまいます。

ところが何日かまとめて区切った場合、
一日ダイエットにとってよくないことをしたとしても、
ほかの日でリカバリーしていれば問題はありませんよね?

決めた期間の中でダイエットにとって
プラスになることマイナスになることを総合的に計算をしてみて、
結果プラスになっていれば、
ダイエットは前進しているという結論になります。
こうして考えていくと、ダイエット中でも息抜きをしやすくなりませんか?

「緩急をつける」
これがダイエットの基本だと、ボクは思います。


このページの先頭へ戻る