"カミソリを使用した脱毛は、一番お手軽な脱毛方法であり多く人が実践をしていることでしょう。
確かに自宅で簡単に出来る脱毛方法なのですが、表面の無駄毛を処理するだけですので、数日ですぐにまた無駄毛が目立ってきてしまうというデメリットがあります。間違った無駄毛処理をしてしまいますと、小さな傷がお肌に出来てしまい細菌が侵入してしまうことがあります。
思いもよらないような重大な病気になってしまうことも考えられますので、十分な脱毛知識を勉強しておきましょう。

 

カミソリで脱毛をする時には剃れば剃るほど毛が濃くなってしまうということを忘れないでください。
見た目を美しく、そして綺麗なお肌を目指しているのでしたら、なるべくカミソリの利用は控えた方が良いかもしれませんね。
毛というのは毛根に近づくにつれて太くなるものですが、カミソリで剃ってしまうことによって、毛の太い場所でカットすることになってしまいます。
このことから次に生えてきた時に、より太くなり生えてくる可能性があることを覚えておくようにしてください。"

小平つかさの最新情報
http://www.gekizero.com/report.php?cid=1089762
小平つかさチェック



剃刀を使用して脱毛をする場合ブログ:2018/8/31

わしたちの健康を維持していく上で、
栄養バランスを考えたご飯がとても大切になります。

特にエネルギー源となる3大栄養素、
たんぱく質(Protein)、脂質(Fat)、炭水化物(Carbohydrate)の
頭文字をとった、
PFCバランスは健康に大きく影響を及ぼします。

PFCバランスは、
栄養の質を評価する指標のひとつです。

身体にとって理想的なPFCバランスの割合は
たんぱく質15%、脂質25%、炭水化物60%程度といわれています。

ご飯・麺類・パンなどの炭水化物は、
わしたちの身体の主なエネルギー源として利用されます。

特に脳や神経系に関しては唯一のエネルギー源ですので、
不足すると頭の働きが鈍ってきます。

燃焼スピードが速いため、
身体の中に入るとすぐにエネルギーとなってくれます。

マグロ・ささ身・大豆などのたんぱく質は、
筋肉・爪・皮膚・内臓などを構成する細胞の主成分であり、
身体の機能を助けたり、調節する酵素やホルモンの材料となります。
わしたちの身体をつくる大切な栄養素です。

牛・豚バラ肉・ウナギ・さんまなどに含まれる脂質は
身体の細胞膜・血液・ホルモンなどの原料となり、
ビタミンA・D・Eなどの脂溶性ビタミンの吸収を助けます。

また皮下脂肪・内臓脂肪として内臓や骨格を保護したり、
身体の中に蓄積できる効率のよいエネルギー源になります。

ひとつのものに偏らず、
栄養バランスを考えたご飯をとることが、
健康への大切な条件となるわけですね。

10時・午後・夜と
24時間3食バランスのよいご飯を心がけましょう。



このページの先頭へ戻る