ここでは肌を痛めることの無い安全な脱毛方法についてご案内しています。
肌を痛めることの無い安全な脱毛方法

肌を痛めることの無い安全な脱毛方法



肌を痛めることの無い安全な脱毛方法ブログ:2014/3/09


((*´_●`☆゚+.GoodMornig+゚☆´●_`*))

最近、減量をする時に、
炭水化物を天敵とする傾向が強くなっているような気がします。

炭水化物は消費されないと
体脂肪という形で貯蔵をされてしまうということが
知られるようになってから、
その傾向が強くなっていると思うんです。

確かに、過剰に炭水化物を摂取することは
減量の見地からみると逆効果につながりかねません。
でも、あくまでも「過剰に」摂取した場合なんですよね。

あたくしの周りにも、
「炭水化物抜き減量」をしている友達がいますが…
あたくしは、炭水化物を全く抜く減量というのは
危険だと思います。

その理由は、脳との関係にあります。

脳というのは、エネルギーを貯蔵することができません。
ですから、常に栄養分を供給する必要があります。

脳というのは特殊な組織で、
ブドウ糖でないとエネルギー源として使うことはできないそうです。
ブドウ糖というのは、炭水化物を分解したときにできるものですから、
炭水化物を食事から極端に減らすことは、
脳にとって危機につながりかねないのです。

実際、
食事から炭水化物を極端になくしてしまうと、
頭がボーっとすることがあるといわれています。

頭がうまく回転しないのは、
炭水化物の供給が減ったことで、
脳が栄養不足を起こしている可能性があるんですよね。

どうしても、体脂肪が気になるという人は、
12時間、活動する時間帯に炭水化物を摂取するようにしましょう。

炭水化物は、すぐエネルギー源として活用されます。
なので、活動的な12時間に食べても、
すぐに消費される可能性が高いです。

減量も大事ですけど、
肉体や脳の健康の方がもっと大事なんじゃないでしょうか?

今日は、ここまで。
肌を痛めることの無い安全な脱毛方法

肌を痛めることの無い安全な脱毛方法

★メニュー

安心安全!的確な無駄毛処理
自分でも気軽に脱毛をすることが可能
正しくは医療行為となる脱毛
剃刀を使用して脱毛をする場合
無駄毛の処理をする際の毛抜きは不向き
最も簡単な無駄毛処理は脱毛クリーム
光脱毛を使用して適切な脱毛
肌を痛めることの無い安全な脱毛方法
女性のVゾーンやIゾーンなどの脱毛
注目されている脱毛サロンTBC


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)思い切って脱毛エステしよう!自宅脱毛も見逃せない